ニキビに効くサプリメント

nikibi-supplement-1

忙しい現代人の間では「飲むのが当たり前」になりつつあるサプリメント。

「栄養のバランスが」「食生活はすべての基本」と言われても、なかなか実行の難しい人たち、美容や健康への意識が高い人たちに支持されています。

もちろん「これだけでOK」というわけではなく、あくまで「栄養補助食品」ですから、足りない分を補うつもりで活用したいですね。

今回はそんなサプリメントの中から、特にニキビに効果が期待できるものを紹介したいと思います。

サプリメントは内服薬や薬用化粧品のような医薬品・医薬部外品とは異なり、「健康食品」に分類されます。

本来は日常生活では摂取しにくい微量栄養素を補うためのものですが、日本ではあまりなじみがありませんでした。

1996年の規制緩和までは「ビタミン剤」という呼び名で医療機関で処方されたり、薬局で購入することがほとんどだったのです。

しかし、サプリメント大国・アメリカの影響や、TVや雑誌で特集され、「流行の先端」というイメージができたためか、一般に販売が開始されると一気に広まり、現在ではドラッグストアはもちろん、種類によってはコンビニやスーパーでも入手できるようになっています。

マルチビタミン

以前はビタミンと言えば「ビタミンC」一択で、ビタミン剤の主流でした。

見るからに酸っぱそうな色や匂い、味もレモンぽくて、小学生の頃飲まされていた筆者は正直辛かった覚えがあります。

近年の研究により、ビタミンCは過剰に摂取しても排出されてしまうことや、複数を組み合わせた方が効果が高まるとして、ビタミン剤は「マルチビタミン」が一般的になっています。

ビタミンには有名どころのCやB群の他、実に13種類が存在することをご存知でしょうか。ビタミンB群ひとつとっても、B1、B2を始め、ビオチン(ビタミンH)や葉酸(ビタミンM)など8種類があります。

マルチビタミンにはこのうちビタミンKを除く12種類が配合されていることがほとんどです(ビタミンKは通常の食事をしていればまず欠乏することはありません)。

このためサプリメントを初めて摂取するという初心者がまず手に取るのに向いているとされます。

しかし、最近でこそ日本製も品質が向上し、アメリカ製に劣らないといわれていますが、「タイムリリース加工」を施されたものはなかなか見つけることができません。

これは通常であれば汗や尿とともに短時間で排出されてしまうビタミンをなるべく長時間留めておくために、少しずつ溶けだすように工夫した加工です。

この効果を求めてアメリカ製のマルチビタミンを愛用している人も多いようですが、日本人の体に合わないこともありますので、服用には充分注意が必要です。

亜鉛

亜鉛は五大栄養素に数えられ、日本では13元素が含まれるミネラルの一種で、必須ミネラルの一つでもあります。

しかし、ミネラルは人間が体内で生成することができないため、食物から摂取する必要があるのですが、この亜鉛は貯留もできないという特性を持っています。

つまり、意識して摂取しなければ欠乏してしまう可能性があるということ。

細胞の分裂・増殖に不可欠なミネラルであるため、不足すると肌の新陳代謝に影響を及ぼし、カサツキや炎症などのトラブルを引き起こしかねません。

ターンオーバーがスムーズに行われないと、古い角質が肌の表面に残ったり柔軟性が失われて毛穴がふさがりやすくなります。ニキビケアの面からも決して無視はできないのです。

また、含まれる食物が限られている点でも厄介です。有名なところでは牡蠣がありますが、一年中あるわけではありませんし、シーズンだとしても毎日食べるのは難しいですよね。

その他にはホタテやウナギ、豚レバー、納豆や玄米などにも含まれていますが、日常的に摂取できそうなのは納豆ぐらいでしょうか?

ですので、亜鉛に関して言えばサプリメントを利用するのが賢い方法と言えるでしょう。

亜鉛単体のものよりクロムやセレン、ビタミンCが併せて配合されているものが相乗効果が期待できるとされています。

最も取り入れやすいのはマルチビタミンに亜鉛が入っているものでしょう。購入の際は成分表示をチェックしてみてください。

イソフラボン

女性の間ではもはや常識となっているイソフラボンの美容効果。

大豆由来ということで、牛乳のかわりに豆乳を飲む人が増え、豆乳鍋やソイラテ、最近では豆乳ヨーグルトなどさまざまなメニューにも応用されるようになっています。

老化の原因の一つに挙げられる活性酸素の生成を抑制し、肌がダメージを受けるのを防いでくれるのも嬉しい作用ですが、何と言っても女性ホルモン様の働きをしてくれることが一番の特徴でしょう。

イソフラボンはエストロゲンに似た構造をしており、代わりも務めてくれます。美肌の素ともされるエストロゲンは月経前に減少するため、肌荒れやニキビが起こりやすくなるのですが、その緩和が期待できるのです。

加工食品からも摂取できるので、サプリメントで摂る場合には一日の摂取量をオーバーしないように気をつけてください。

妊娠中の人、大豆アレルギーのある人も事前に医師に相談しましょう。

ニキビ対策に特化したサプリメント

栄養補給としてのサプリメントでなく、ニキビケアに特化したものとしては「きらりのおめぐ実」「絹美人」「TURURI;BB」などがあります。

化粧品メーカーの「オルビス」からも「クリアステップ」が発売されています。

いずれのサプリメントにも共通しているのはビタミンB群が豊富に含まれていること。皮膚細胞の生成や新陳代謝に欠かせないことから、ニキビケアにおいては重要な栄養素の一つに挙げられています。

また、腸内環境を整える乳酸菌も配合されていること。せっかくの栄養素を効率的に吸収するには腸(特に大腸)が健康であることが必須です。便秘は美容の大敵とされるのは、腐敗菌によるガスが全身に回り、毛穴から排出される際にニキビをつくるからなのですが、それだけではないのですね。

そして抗酸化作用のあるポリフェノール。活性酸素を取り除き、殺菌作用もあるのでニキビの改善にはぜひ摂取したい成分です。

サプリメントはある程度続けることで効果が実感できるもの。即効性はありませんが、最低でも一ヶ月は飲み続けてみてください。

多くのニキビ用サプリメントは初回分がお手頃価格だったり、定期購入で割引されるので、そうした制度を利用して試してみるとよいでしょう。

ページ上部へ戻る