妊娠中や産後の肌荒れニキビケア 赤ちゃんの肌ケアも重要

ninsin-syussann-nikibi-1

女性の体質が変わる原因はいろいろありますが、最も大きなものはズバリ「妊娠」でしょう。

わずか10カ月の間に起きるため、その変化についていけず、ストレスを感じることも少なくないようです。

特に妊娠初期は母体にとって大切な時期。体が胎児を産み育てるための体勢を整えようと、ホルモンバランスが乱れがちになるので、それまでは気にならなかった症状が表れることもあります。

妊娠中の肌荒れやニキビ

妊娠して肌が荒れるようになった、ニキビができたという声は意外に多く聞かれます。

それまでニキビで悩んだことがないという人でも、顔や体(胸や背中など)にできて、どうすればいいかわからないということも。

これは胎児を維持するために分泌が活性化される二種類の女性ホルモンの働きによるものです。

まず、エストロゲンには皮脂分泌をコントロールするなど美肌作りに深い関係がありますが、通常の状態であれば月経前に減少します。

一方、妊娠しやすい環境を整えるために月経前には増加するプロゲステロンには皮脂分泌を促進する働きもあります。

月経前に肌が荒れたりニキビができやすくなるのはこのためなのですね。

妊娠しなければプロゲステロンは自然に減少して次の月経に備えるため、肌のコンディションも元に戻っていきます。

ところが、妊娠が成立すると女性の体はそれを維持しようとプロゲステロンを活発に分泌し続けるのです。その結果、エストロゲン量よりプロゲステロン量が多くなり、皮脂が過剰になる…これがニキビを引き起こすきっかけになることは言うまでもないでしょう。

また、つわりによって食生活の変化を余儀なくされ、栄養が偏ることも原因の一つと考えられます。

最近はつわりの時期には「食べられる時に食べられるものを」と指導されることが普通です。昔のように「二人分食べなきゃ」「赤ちゃんのために気持ち悪くても吐いても食べるべき」といった、妊婦の体調を無視したようなことはまず言われないでしょう。

実際、胎盤が形成されるまでは食べたものが胎児に影響を及ぼすようなことはありません。

それよりも食べられるものを食べて、体力を保つことの方が重要なのですが、厄介なことに栄養のバランスが崩れるという別の問題が浮上してくるのです。

極端な例ですが、つわりがひどくてそうめんしか食べられない、シャーベットしか食べられないといったケース。筆者の知り合いにも、口にできるのはプチトマトだけという人がいました。そこまでひどくないにしても、甘いものが食べたくてしかたない、食事代わりにケーキや焼き菓子を食べてしまうといった「食いづわり」はかなりの確率で見られます(筆者はこのパターンでした)。

こうした食生活は、体重や体調はもちろんですが、肌にとっても決してよいとは言えませんよね。

しかし、自分の意志ではどうしようもない時期ですから、一過性のものとして対症療法で乗り切るようにしましょう。

妊娠初期のニキビや肌荒れは、妊娠中期にはある程度落ち着きますし、出産後は徐々に治まっていくものですが、痕が残ることもあるので適切なケアを行うことが大切です。

妊娠中の肌ケア

妊娠中の肌は普段よりデリケートになりやすく、それまで問題なく使えていた化粧品でも合わなくなることがあります。ドラッグストアや化粧品売り場などで相談してみるとよいでしょう。また、エステやマッサージなどはリラックス効果も得られるのでお勧めですが、ピーリングのように刺激を与えることは避けてください。

ファンデーションもリキッドやクリームなどは毛穴を塞ぎやすいので、パウダリーに変えたり、ポイントメイクに留めるのもお勧めです。

余談ですが、妊娠を機に基礎化粧品をオールインワンタイプのものにしたり、ファンデーションをやめてBBクリームにした、という人は少なくありません。これは体調がすぐれない、あるいはお腹が大きくなってきて日常生活も困難な時期にスキンケアまで気を使う余裕がない、ということでしょう。出産後は出産後で、育児が大変でそれどころではないという声も…。そんな時に、こうした一度で手入れがすむ化粧品類は強い味方になってくれますよね。確かに手をかければそれだけ効果が期待できますが、ストレスになっては元も子もないでしょう。いずれ落ち着いた時にまたスキンケアに力を入れればよいのです。まずは「簡単でもお手入れをする」ことが大切です。

炎症や化膿を伴うほどひどいニキビは、皮膚科を受診する方がよいでしょう。

ただし、抗炎症作用や殺菌効果のある内服薬や場合によっては塗り薬なども使えないことがありますので、かかりつけの産婦人科医にも相談してみてください。

産後はママだけでなく赤ちゃんの肌ケアも必要

そして赤ちゃんも、産まれてしばらくすると「乳児湿疹」と呼ばれる肌荒れを起こすことがあります。乾燥して粉をふいたようになったり、大人のニキビのようなものができたりと症状はさまざまです。

「新生児ニキビ」は主に母体から受け継いだ女性ホルモンの影響によって皮脂分泌が活発になるために起こるとされていますが、その仕組みは大人のニキビとまったく同じ。皮脂や汗が未発達の毛穴に詰まって、アクネ菌が増殖するためです。

赤ちゃんはまだ角質層も薄く、外部からの刺激に弱いので、かぶれや乾燥も起こしやすくなります。「赤ちゃんの肌はデリケート」と言われる所以ですね。

対処法としては、まず清潔を保つこと。だからといってお風呂でゴシゴシこするようなことはしないでくださいね。ニキビや乾燥した部分が傷つかないよう、ベビー用の石けんやボディソープを使って、バスミトンなどで優しく洗ってあげましょう。

お風呂上がりにはベビーローションやベビーオイルなどで水分補給と保湿を。

こうした「乳児湿疹」は生後2週間ほどで表れ始め、通常1ヶ月くらい、遅くとも1~2歳までには治まるものとされています。

しかし、きちんとケアをしているにも関わらずよくならない、あるいは悪化するという場合は、アトピー性皮膚炎など別の原因による化膿性もあるので、小児科や皮膚科で相談してみましょう。

まとめ

それまで無縁だった人や、産まれたばかりの赤ちゃんにニキビができると経験がないことだけに戸惑うものですが、対処方法はちゃんとあるもの。

一人で悩まず、周囲の先輩ママや地域の保健センター、かかりつけの産婦人科などで相談してみましょう。

ページ上部へ戻る