お肌のダイエット!?何もつけない「水洗顔」とは

mizusengan-1

これまで「保湿」「水分補給」が肌にとってどんなに重要であるかを説明してきましたが、今回はそれらとはまったく逆のお話をしたいと思います。

何をやってもニキビがよくならなかった、肌荒れがどうしても治まらないという人の間ではすでに実行している人も多い「水洗顔」。

ぬるま湯や水だけで洗顔し、洗顔料も化粧水も、クリームも一切使わない、一種スパルタ的な方法です。

水洗顔はなぜいいの?

水洗顔は皮脂分泌の活発な思春期ニキビや、脂性肌に向いていると思われがちですが、実は逆で、乾燥気味の肌にこそよいとされています。

水洗顔は皮脂を落としすぎないようにすることで乾燥だけでなく過剰な皮脂分泌を抑え、肌が本来持っているターンオーバーやバリア機能を取り戻すことが目的だからです。

「でも、汚れが落とせないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、実は皮脂汚れの大半はぬるま湯で充分落とすことができると言われていることをご存知でしょうか。

皮脂詰まりやコメド(角栓)と呼ばれる落ちにくい汚れは、ホコリなどと合わさったり、紫外線を浴びて酸化するためにできるのです。

つまり水洗顔で皮脂汚れを落とすことができればできにくくすることは充分可能と言えるでしょう。

また、乾燥肌や敏感肌の人は「肌にいい」「保湿効果が高い」とされる化粧品類をいろいろと試していませんか?

あるいは決まったメーカーのものを使ってはいても、だんだん使用するアイテムが増えてきていませんか?

水洗顔はそうした言わば「過栄養」になった肌を一旦リセットして自然の状態に戻すという意味もあります。肌にもともと備わっている機能を活性化させると考えると分かりやすいでしょう。

水洗顔のやり方は?

水洗顔の注意点は、まず使用するぬるま湯の温度。人肌程度の34~35度が適温です。

ご存知のようにお湯では皮脂が取れ過ぎてしまいますし、逆に冷水では皮脂が充分落とせません(ぬるま湯で洗った後仕上げに冷水を使うのはOKです)。

そして、ゴシゴシこすったり水をかけるような洗い方は避けましょう。

手にすくったぬるま湯に顔をつける、あるいは顔に押し付けるような感じで行いましょう。

そして清潔な乾いたタオルで水気を押さえるように拭き取ります。この時もこすらないようにしてください。

角質は濡れると柔らかくなる性質があるので、傷つきやすくなっているからです。

基本は朝晩の2回。暑い季節や運動後など、汗をかいたりベタつきが気になる時は回数を増やしても構いません。

普段乾燥気味の人は、洗顔後になにもつけないということに最初は勇気がいることでしょう。

しかし、それが第一歩と考えてぐっとこらえてくださいね。

水洗顔をするとどうなる?

水洗顔は肌が持っている自浄・再生能力を取り戻そうというのですから、一朝一夕に結果が得られるものではありません。

肌の状態にもよりますが、通常数週間から数カ月、場合によっては年単位で取り組まなくてはならないでしょう。

その間には「リバウンド」と呼ばれる症状が表れてきますし、見た目にもよくないことから挫折・中断してしまう人も少なくないようです。

まず、それまで使っていた化粧品類をやめると、かゆみやつっぱり感、中にはニキビができたり乾燥によって皮剥けなどが起きてくることも…。中でも、毛穴に詰まった角栓が飛び出してくる「はたけ」は女性にとってはかなり精神的にキツイものでしょう。

思わず洗顔料で洗ったり、角栓取りパックを使いたくなるかもしれませんが、これらは肌が自力で再生を始めている兆候。

水洗顔を続けていると自然に治まってきます。そして、個人差はありますが大体1~3ヶ月で肌は健康な状態を取り戻し、皮脂バランスも整ってくるでしょう。角栓もできにくくなるとされています。

こうなると肌のバリア機能も回復していますので、洗顔料を使っても問題ないでしょう。

水洗顔が合わないことも?

ぬるま湯で洗うだけの水洗顔、一見どんな肌質の人でも副作用などなく(リバウンドは別として)行える方法のようですが、皮脂の蓄積によって肌がごわつき赤くなったり、マラセチア菌の増殖によって脂漏性皮膚炎を起こしたりと、やはりどうしても体質に合わないということはあり得ます。

水洗顔を実行している最中に、リバウンドのような症状が長引いていつまでも好転しない、だんだんひどくなるといった場合は自己判断せず、水洗顔をいったん中止して皮膚科医の診察を受けましょう。

また、化粧水や乳液、クリームなど肌を保護するものを一切つけないのですから、肌は非常に敏感で傷つきやすくなっています。頬杖をついたり、顔をいじる癖のある人は意識して避けるようにしましょう。

手には意外に雑菌が付着しているため、ニキビや炎症などの原因となることがあるからです。寝ている間に無意識に掻いてしまうことを予防するために、爪も短くするようにしてください。

仕事などで人前に出ることが多い女性は「水洗顔をしているからノーメイクで」というわけにはなかなかいきませんよね。

そのような場合は、朝か晩のどちらか、乾燥肌の人なら特に朝を水洗顔にすることをお勧めします。

寝ている間にも汗をかくから洗顔は必須、とよく言われますが、就寝中の汚れはそれこそぬるま湯で充分に落ちる程度なので、試しに省いてみてはいかがでしょうか。

メイク用品はパウダー状のものにするとよいでしょう。チークやアイシャドウもパウダーであれば水洗顔で落とせますし、最近はミネラルファンデーションのように「つけたまま寝てもOK」といった製品もあります。

マスカラやアイライン、リップなどはポイントメイクリムーバーで落としましょう。

まとめ

基本的に水洗顔は乾燥して肌が荒れている・炎症を起こしている人が実践するのが最も効果的とされています。

脂性肌の人が行うと、皮脂がきちんと落としきれないためにかえってニキビがひどくなる恐れがあるので避けた方が無難です。水洗顔だけでもぬるつきが感じられるようであれば向いていない肌質でしょう。

ところが、一見脂っぽいけれど水分量が不足しているインナードライ肌は水洗顔向けなので、見極めが少々難しいかもしれません。

化粧品店などで自分の肌質をチェックしてもらってから行うとよいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る