活性酸素の作用と除去方法「さびない体」のためのSOD酵素

kasseikouso-1

あn肌のみならず、人間の体の老化を促進するとされる活性酸素。

「酸化」「体のサビ」などの言葉とともに一気に広がりましたよね。最近ではいかにその酸化を避けるか、活性酸素を取り除くかと、健康雑誌やテレビはこぞって特集を組んでいます。

そして、もう一つ、酸化ほど一般的ではありませんが、同じくらい注意したいのが「糖化」です。

今回はこの「酸化」と「糖化」が体や肌にどのような影響を与えるのか、そしてその防ぎ方や対処法について解説したいと思います。

活性酸素はなぜ体によくないの?

何となく体によくないことはわかっていても、実際に「ではなぜ、どのようによくないの?」と聞かれたらはっきり答えられる人は少ないのではないでしょうか。

言葉だけが独り歩きしている感のある「酸化」、実は健康や美容に関する用語ではなく、化学反応のこと。酸素と物質が化合したり、水素が奪われる反応をこのように呼ぶのです。例えば、鉄が錆びると赤サビが浮きますよね。これは鉄の電子が酸素に移動して酸化が起こり、酸化鉄(サビ)になっているということです。

そしてこの酸化させる働きが非常に強い酸素のことを活性酸素と言います。

人間が生きていく上で酸素が欠かせないものであることは言うまでもありませんが、あまりにもその働きが活発で増えすぎると、正常な細胞にもダメージを与えることがあると知っておいてください。

肌の老化はその典型的なもの。シミやしわ、たるみの他、ニキビの原因にもなります。

ニキビがなぜできるかをちょっと思い出してみてください。「毛穴に皮脂が詰まり、それが酸化して炎症を引き起こしたり、アクネ菌の増殖を促すから」でしたよね。

ここにも「酸化」というキーワードが登場しています。

しかも皮脂が酸化してコメドができやすくなる→アクネ菌が増殖して毒素(ポルフィリン)を産生する→それに紫外線が当たってさらに活性酸素が発生する、という悪循環ができ上がってしまいかねません。

もちろんアクネ菌の増殖を抑制するヒドロキシラジカルという物質のように、善玉と言ってもよい活性酸素もありますし、適正な量であれば体を外部の細菌などから守ってくれる心強い味方です。

最近問題になっているのは、人間を取り巻く環境が活性酸素を発生させやすくなっているからなのです。

活性酸素はなぜできる?

活性酸素は実は普通に生活しても産生されています。体に取りこまれた酸素のうち約2%が活性酸素になるとされていますが、この程度であればむしろ体を守るために必要と言えるでしょう。

しかし、ストレスや紫外線、最近では大気汚染や食品添加物、喫煙や過度の飲酒などによって活性酸素が過剰になりやすい傾向があります。

例えば、精神的・身体的なストレスを感じると、それに対抗するために抗ストレスホルモンが分泌されるのですが、同時に活性酸素も産生されます。そして抗酸化作用のあるビタミンC がストレスによって消費されてしまうので、体の内側から酸化が起こる可能性もあるのです。

ストレスはそれでなくても美容や健康を損ないかねません。そして現代の日本はまったくストレスを感じていない人なんてほとんどいないのではないかと思われるほど、ストレスフルなものです。自分なりの改善法を見つけることが大切と言われる所以です。

また、紫外線も憂慮すべき問題。

地球温暖化の影響で、平均気温は上昇の一途をたどり、近年では12月に真夏日を記録するなど気候が変化してきています。当然、降り注ぐ紫外線の量も以前より増えているでしょう。今や紫外線対策は一年を通じてするべきものとされています。これは紫外線に対抗するために活性酸素が活発に産生されることで真皮が傷つけられてしまうからなのです。

シミができるのは紫外線から肌を守ろうとメラニンが生成されるためということはご存知ですよね。しかし同時にできる活性酸素は、コラーゲンやエラスチンの素である線維芽細胞にダメージを与えてしまいます。肌のハリや弾力の源であるコラーゲンやエラスチンが減少すればシワやたるみも起こりやすくなりますよね。

真皮のターンオーバーは表皮よりもはるかに時間がかかるので、5年後10年後の肌に影響が表れるといわれるのはこのためなのです。

活性酸素の予防や対策にはどんな方法がある?

生きている以上、活性酸素の産生を完全にストップさせることはできません。

過剰にならないよう、普段から注意しましょう。

紫外線対策はもちろんとして、日頃の食生活に抗酸化作用のある食物を積極的に取り入れるようにしてください。

例えば、ビタミンCには高い抗酸化作用があるので、カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜、ショウガやニンニク、キャベツ、大豆製品など。果物は全般的にビタミン類が豊富ですが、特にバナナやベリー類の抗酸化作用が高いとされています。

アボカドはアンチエイジングにおける完全食品と言われるほど栄養価も高いので、近年女性に人気ですよね。

お茶ならカテキンを豊富に含む緑茶がお勧め。

成分としてはポリフェノールやβカロテン、ビタミンEなども効果的です。

喫煙や過度の飲酒はそれらを分解するために活性酸素が発生するので控えた方がよいでしょう。

一言で言うと、活性酸素は有害とされるものが体に入ると、自衛のためにできるもの。

その過程で有害物質だけでなく正常な細胞も傷つけてしまうという、言葉はよくありませんが「毒を以て毒を制す」的な面があると考えてください。

しかし、闇雲に恐れる必要はありません。生活習慣や食生活に注意することである程度は防ぐことが可能なのです。

SOD酵素が活性酸素を除去?

活性酸素を除去する働きがあるとして注目されている「SOD酵素(Super Oxide Dismutase)」をご存知でしょうか。

増えすぎた活性酸素を除去するために人間の体に備わっている酵素の一つですが、残念ながら加齢によってその産生量は徐々に低下してしまいます。

そこで食物などから補う必要があるのですが、実はSOD酵素様の成分を含むものはなかなか日常的に摂取しにくいのです。

現在わかっているところではルイボスやアシタバなど。毎日どころか、どうやって摂取したらいいのかもよくわかりませんよね。

味にクセがありますがルイボスティーやアシタバを含む青汁、サプリメントなどを活用するとよいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る