ご存知ですか?こんな美容成分(シンエイク・ミツバチの毒・泥・ユーグレナ)

biyouseibun-1

肌によいとされる意外な成分には他にもいろいろなものがあります。

例えばハチミツはできてしまったニキビの鎮静化やスキンケアにも有効とされていますし、ヨーグルトはパックにしてもよいとされますよね。

「食べて体に肌にもよい」という考え方もありますが、中にはこんな成分もあることをご存知でしょうか?

シンエイク(蛇の毒成分を参考に作られた美容成分)

蛇の毒成分を基に作られた美容成分・シンエイク。

こちらも一頃話題になったので、美容に興味のある方なら既におなじみかもしれませんね。

蛇の毒には筋肉を麻痺させる働きがあることから、美容分野、特にアンチエイジングへの応用を目的とした研究の結果、開発されました。

シワ取りに劇的な効果があるとして有名なボトックスは、ボツリヌス菌が作り出すボツリヌス毒素を大幅に弱めて注射する方法で、筋肉の動きを弱めることでシワを改善し、肌を滑らかにするというもの。ニキビ痕のケアにも効果が期待できます。

しかし、即効性があることから芸能人やモデルの間でも人気が高いものの、一回当たりの費用が高価になることや、4~6ヶ月間隔で施術しなくてはならないといったデメリットがあります。また、表情が不自然になる恐れもあると言われています。

そこで、それと同等の効果を廉価かつ安全に得ることはできないかという考えから「シンエイク」の研究は始まったとされています。

「シンエイク」が登場する前は、「塗るボトックス」と言えばスペイン発の植物由来の合成ペプチド、アセチルヘキサペプチド-8(または3)・成分名アルジルリンのことでした。

ところが「シンエイク」にはこのアルジルリンの実に6倍ものシワ改善効果があるということから、すっかりお株を奪われた形になっています。

「シンエイク」配合の化粧品であれば、毎日のスキンケアでボトックスに類似した効果が得られるのですから、シワに悩む人なら一度は使ってみたいものです。

ミツバチの毒(蜂毒)

ハチミツやローヤルゼリー、プロポリスなどミツバチ由来の美容・健康によいとされる成分はいろいろありますよね。

さらにミツバチは、その毒までがニキビや肌荒れといったトラブルに効果的とされています。

ミツバチの毒には50種類もの成分が含まれていますが、その多くは人間の体にも存在するものです。その配合によって毒として効果を発揮するのですが、これを逆手に取ったのが、現在でも代替療法として行われているアビセラピー(蜂針療法)です。

生きたセイヨウミツバチから針と毒袋を採取し、肌に刺すと、毒液の浸透とともに血行促進や抗炎症・殺菌効果などが得られるとされています。

これは酵素類や蜂毒の主成分であるメリチン、細胞の増殖・成長を促すポリアミン類の働きによるもの。

そして蜂毒を配合した化粧品を肌に塗布すると、体が「蜂に刺された」と勘違いして細胞の修復・再生機能を活性化させるため、シワやたるみ、ニキビ痕の改善などに有効として、近年人気が高まってきています。

「シンエイク」同様、「塗るボトックス」とも言われているほど。

ニュージーランド産のマヌカハニーにビーベノム(蜂毒)を配合したフェイシャルマスク&ナイトクリームは、英国王室の女性たちが愛用していることでも大変な話題となりました。

残念ながら個人輸入や代行業者から購入するしか今のところ入手方法はありませんが、気になりますよね、

また、韓国製やニュージーランド製の蜂毒配合化粧品であれば比較的手に入れやすいので、試してみるのもよいでしょう。

ただし、ミツバチ由来のため、蜂類にアレルギーのある人は使用できませんので注意してください。

泥(クレイ)

筆者が子どもの頃に「どろんこ美容」という美容法があり(現在でもありますが)、「泥でどうやったらキレイになるんだろう?」と疑問に思った覚えがあります。

実際には、泥と言っても現在ではその美容効果が高く評価されている「クレイ」を使用したものだったのですが、何せ子どものことです。雨が降った後に靴や時には服が泥だらけになることや砂に水を足して作る泥団子のイメージがあったのでしょうね。

「クレイ」は主にモンモリロライト、カオリン、ガスールなど海底の泥や火山灰などで、天然のミネラルが豊富に含まれています。日本では沖縄のマリンシルト・クチャや火山灰由来のシラスなどがあります。

汚れを吸着する性質があるのでクレンジングや洗顔料に配合されるのが一般的。肌に負担をかけることなく、毛穴の汚れを落としてくれるので、特にニキビケアに有効とされています。

また、洗い流すパック剤としても使えるものが多く、肌に泡立てたりせず直接つけるだけという方法の手軽さでも人気。特に皮脂が気になるところにのせて(それ以外の部位は乾燥のもとになることがあります)、10分ほど放置した後、ぬるま湯でしっかり洗い流してください。

初期のニキビであれば充分効果を発揮してくれることでしょう。

ユーグレナ

登場した時は、和名の「ミドリムシ」からイメージされたのか、昆虫や微生物の一種だと思う人が多く、「いくら健康にいいと言われてもそれは…」とすぐには受け入れられなかった「ユーグレナ」。

実は大きさこそ0.05ミリと目に見えないほどですが、ワカメやコンブと同じ藻の一種。

そしてその体内にはアミノ酸とビタミン類という動物・植物両方の特性を持ち、ミネラルや不飽和脂肪酸など実に59種類もの栄養素が含まれているとされています。

そのため「完全食品」などと銘打って、健康食品やドリンク剤などに活用され、徐々に一般に浸透してきました。「ミドリムシクッキー」を口にしたことのある人もいるのではないでしょうか?

このユーグレナの中から抽出した、肌によいとされる成分「リジューナ」を配合した化粧品が「B.C.A.D」シリーズ。

「ユーグレナ・コンプレックス」と呼ばれる、独自に開発したデリバリーシステムで、リジューナを肌の深層部にまで届けてハリや潤いをキープしてくれます。

その他にも世界中の海から集めた海藻から抽出した有用エキス、酵母エキスやビフィズス菌、ヒト型セラミド、フルーツやハーブ由来の有用成分など肌を美しく保つ成分がたっぷり。特に乾燥やたるみの気になる肌に使ってみたいラインです。

関連記事

ページ上部へ戻る