「腸活」で腸内環境を整える!美肌は腸の健康から

tyoukatu-1

最近話題になっているのが、「腸内フローラ」と呼ばれる腸内細菌叢です。

人間の腸内には100種類以上、数にしておよそ100兆個もの腸内細菌が生息しています。中でも小腸の終わりの部分(回腸)から大腸にかけては、種類別に集団をつくって腸壁に付着しているさまがまるで花畑のようなのだとか。

「フローラ(花)」と言われるのはこのためです。

腸内細菌叢には俗に「善玉・悪玉」とされる菌の他、普段は無害ですが腸内環境が悪化すると悪玉寄りになる「日和見菌」があります。

その分布は人それぞれであるばかりか、バランスは生活習慣やストレスなどによって簡単に崩れてしまうので、善玉菌を優勢に保つために必要なことを知っておきましょう。

善玉菌・悪玉菌とは?

善玉菌と悪玉菌のバランスを「菌叢バランス」と言いますが、どちらが優位に立つかで腸内では常に激しい生存競争が繰り広げられています。

「善玉菌」とはヨーグルトや飲料でおなじみの乳酸桿菌やビフィズス菌。野菜や果物から得られるオリゴ糖や食物繊維を餌に増殖して分解し、乳酸や酢酸、ビタミンB群など体に有益な物質を生成してくれます。

それだけでなく、腸内を酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑制し、腸の蠕動運動を促進する働きもあるのです。

一方、「悪玉菌」の代表格はブドウ球菌やウェルシュ菌などのいわゆる「腐敗菌」。食中毒事件が起こると、ほとんどの場合に原因と思われる料理や患者の吐しゃ物、排泄物などから検出されることでもご存知でしょう。これらの菌は動物性タンパク質が大好物。肉や脂を分解して、インドールやスカトール、アンモニアといった有害物質を作り出します。

尾籠な話ですが、こってりしたものを食べた翌日は便やおならのニオイが気になった経験は誰にでもあることでしょう。それも悪玉菌の仕業なのです。

そして、二次胆汁酸やアミンなどの発がん性物質も気になるところ。

便秘になるとこうした有害物質が体内に滞留することで血液に入り込み、全身をめぐることになるのです。

「腸活」で腸内環境を整える!

善玉菌を増やして腸内環境を整えるには、食生活を改善したり適度な運動を習慣づけるといった方法が地道ですが確実です。

食事にヨーグルトを摂り入れたり、積極的に水分を摂取する…などですね。

しかし、便秘に悩む女性の多くは、これらのことは既に実践済みであることでしょう。

そこで、最近注目されているのが「腸活」。食事の内容や摂り方を始め、腸内環境を整えるのに有効とされているさまざまな方法。

少し前に、「腸もみダイエット」も話題になりましたね。冷えて硬くなった腸を活性化し、便通も整えるとして一大ブームとなったことは記憶に新しいですよね。

「腸活」は簡単なエクササイズやマッサージに加え、腸内環境によいとされる習慣を取り入れて、総合的に改善していこうというものです。

例えば、右の腰骨脇と左の肋骨下をそれぞれ親指が前に来るように掴み、揉みながら腰を大きく5~10回回すというエクササイズ。

これは便の溜まりやすい部分を刺激するもので、左右バランスよく腰を回すようにすると、筋力が低下している弛緩性便秘の人には特に効果が期待できます。

また、直腸性便秘の人は便座に浅く腰かけ、手をそれぞれ逆の足首につけるというシーソーのような動きが有効です。

直腸に便が溜まって太くなってしまうと、一旦便秘が解消してもその太さになるまで便意が起こりにくく、症状を繰り返してしまいます。

しかも、だんだんひどくなる恐れも…。便も長時間直腸に滞留することで硬くなってしまうため、ますます排便しにくくなるという悪循環に陥りがち。

この運動を行うことで、鈍化した肛門括約筋が刺激されて排便に繋がりやすくなります。毎日決まった時間にトイレに座るようにすると、体のリズムも整ってくるので一石二鳥ですね。

また、適度な油もスムーズな排便のためには不可欠。

便秘の人にはオリーブオイルがお勧めです。オリーブオイルはそのまま飲むと数時間後には腸に到達するので、硬くなった便を排出する手助けをしてくれるのです。

飲用にするならエクストラヴァージンを選ぶとよいでしょう。良質のオリーブオイルであれば、青臭さや油っぽさはほとんど感じられません。

ただし油である以上、カロリーもそれなりに高いので、一回に飲むのは大さじ2杯までに留めてください。

「宿便」は存在するのか?

健康や美容をメインテーマとする雑誌や漢方・サプリメントなどの広告でしばしば取り上げられる「宿便」。

一般的に「腸内に長期間溜まっている便」「腸壁の襞にこびりついている古い便」などと言われています。

この宿便が体調不良や肌荒れ、ニキビといったさまざまな症状を引き起こす、宿便を取れば3~4キロはやせる…こんな宣伝文句を目にしたこともあるのではないでしょうか?

しかし、医学的には「宿便」は存在しない、存在しようがないというのが定説。

というのも、腸は基本的に蠕動運動によって動いています。その動きは不随意であり、規則性のあるものではありません。常に同じところがへこんだり、盛り上がったりするわけではないのです。

ある時には谷だったとしても、次に山になればそこに溜まった便は押し出されてしまうはず。つまり、もし「宿便」のような滞留便があったとしたら、それは便秘によるものと考えた方が自然なのです。

また、宿便を取ろうとして必要以上に薬を飲んだり、最近問題になっている腸内洗浄などで腸にダメージを与えるのは感心しません。下剤や浣腸も、使い続けているとだんだん強いものにしないと効かなくなってくるばかりか、腸の働きそのものが衰えてしまう可能性もあります。

それよりも、自然なお通じがあるよう、腸内環境を整える努力をするべきではないでしょうか。

ちなみに、腸内洗浄は自力ではどうしても排便できないような重度の便秘に限ってのみ、医療機関で受けることができます。れっきとした医療行為であるということ、素人が「自宅で手軽に」できるものではないと心得ましょう。

まとめ

せっかく善玉菌を増やすためにヨーグルトや納豆を食べても、それを吸収するべき腸に便が溜まっていたのでは効果は期待できません。

まずは便秘を解消することが腸活の第一歩ではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る