話題の酵素でニキビケア!?

kouso-1

美容や健康にいいと最近人気が高まっている「酵素」。

ドリンクを日常的に飲んでいるという人も多いでしょう。

ダイエットや美肌、そしてニキビケアにも効果的とされるこの酵素にはどんな働きがあるのでしょうか?

今回は酵素の構成や働き、摂取方法などについて解説したいと思います。

「酵素」は人間の体内で食物を栄養に変換したり消化を助けたりといった大切な役割を担っています。もともと人体に備わっているもので、何も健康食品やサプリメントでしか摂れないというわけではありません。

働きによって大きく3つに分解されますが、さらに細かく見ていくとその種類は実に3000以上にもなると言われています。

消化酵素

食べ物を分解して栄養として吸収しやすくする働きがある酵素です。例えば、炭水化物に含まれるデンプンの分解は唾液に含まれるアミラーゼが担っています。また、肉など動物性タンパク質はプロテアーゼの役割ですが、面白いと言おうか厄介と言おうか、一つの酵素は特定の食物しか分解することができません。

つまり、プロテアーゼはデンプンを、アミラーゼは動物性タンパク質を分解できないということです。

代謝酵素

代謝酵素の役割は消化酵素によって分解された栄養素を体内の必要な場所で働かせること。

体の動きや呼吸、脳の思考を助けたり、老廃物を体外へ排出したりといった生命維持のための活動に関わっています。

代謝酵素がなければ人間は生きていくこともできないと言っても過言ではないでしょう。

もちろん肌の新陳代謝(ターンオーバー)もこの代謝酵素の力があってこそ。

そして、消化酵素と代謝酵素には密接な関係があります。

酵素は3種類に大別されると言いましたが、体内に存在しているのはこの2つ。そのためまとめて体内酵素と呼ばれるのですが、それぞれの素となる量は一定で有限です。

どちらかを過剰に消費すればもう一方が減少し、結果体のバランスが崩れることになると考えられているのです。

例を挙げると、揚げ物や油脂、動物性タンパク質など一般的に「消化が悪い」とされているものを摂取しすぎたり、普段の食事でも食べすぎたりすると消化酵素が大量に消費されることになります。すると、代謝酵素に回される分が少なくなるため、肌が荒れたり胃もたれを起こしたりするのですね。

また、加齢によって代謝酵素は徐々に減少します。ある時から急にそれまで食べていた物が重く感じたり、翌日も胃の調子がよくないなどの症状が表れるようになったら、代謝酵素が不足しているのかもしれませんよ。

食物酵素

最近「酵素」と言ったらすぐにこちらを思い浮かべる人の方が多いかもしれません。

読んで字のごとく、食べ物から摂取できる酵素のことです。

健康維持のためには消化酵素や代謝酵素が不足した場合、食物から補うのが望ましいとされています。

食物酵素はいろいろな食物に含まれていますが、残念ながら熱に弱いという特性があります。50度以上に加熱するとすべて死滅してしまうという説もあるほど。

そのため酵素を含む食品は生で食べることが原則とされています。

幸い、日本には納豆や味噌、醤油といった酵素の豊富な発酵食品が数多くありますよね。

「発酵」とは酵素や微生物の働きによって食物のタンパク質や糖質などが分解され、新たに体に有益な成分が生成されること。

食べ物を美味しくしたり長持ちするようにしてくれるだけでなく、消化・吸収を助けたり腸内環境を整えてくれるといった働きはよく知られていますよね。

先頃、和食が無形世界遺産に認定・登録されたのも、発酵食品が持つ健康効果がその一端を担っていることは間違いないでしょう。

酵素ドリンクという選択肢

こうしたさまざまな働きを持つ酵素を効率的に摂取できるようにしたのが「酵素ドリンク」です。

しかし、一口に「酵素ドリンク」と言っても、ちょっと調べるだけで驚くほどの種類があります。何を選べばいいのか混乱してしまいそうですよね。

そこで目安として、なるべく多くの原材料を使用しているものをお勧めします。30種類以下では酵素本来のパワーが不充分で、飲んでもあまり意味がないという説もあるほど。値段が安すぎるものも避けた方がよいでしょう。

また、原材料にシロップや甘味料が含まれているものも要注意です。

酵素を積極的に摂取している人に言わせると、こうした添加物が入っていたら酵素とは呼べないのだとか。

筆者も以前、ファスティング用の100%酵素を飲ませてもらったことがありますが、正直「美味しい」と言えるような味ではありませんでした。酸味というか、独特のクセがあって、飲み慣れるまではキツイかもしれません。それをシロップや甘味料で飲みやすくする、というのは分からなくもないのですが、賛否が分かれるところでしょう。

そして添加物が入っていると、それを分解するために消化酵素がかえって消費されてしまうという説もあります。酵素を摂りたくて飲むのに、肝心の酵素が減ってしまっては本末転倒ですよね。

酵素はニキビにどんな効果があるのか?

ではニキビに酵素はどのような効果があるのでしょうか。

これまで解説したように、体内酵素(消化酵素と代謝酵素)の働きによって体のバランスは保たれています。

しかし、暴飲暴食やストレス、加齢などによって体内酵素の生成が乱れてしまうと、その影響は体のいろいろな部分に現れてきます。

肌の新陳代謝や免疫機能もその一つ。

疲労を回復し、皮脂分泌をコントロールするビタミンB群の働きを補助したり、ホルモンバランスを整えるといった働きは、すべて体内酵素(特に代謝酵素)があってこそなのです。

それが不足すれば、まったく逆のことが引き起こされると考えてみてください。

新しい皮膚細胞の生成が阻害されたり、古い角質が表皮にいつまでも留まるといったターンオーバーの乱れ、アクネ菌の増殖を抑制する抵抗力が充分でなくなる、皮脂分泌が過剰になる…いずれもニキビの原因となりそうなことばかりですよね。

こうした症状を緩和・改善するために酵素の摂取は有効であると言えるでしょう。

ただし、酵素はあくまで食物から摂るのが基本です。足りない分を酵素ドリンクで補うのはよいのですが、よくある「これさえ飲めば」という考えで食事をおろそかにしないようにしてください。

また、飲めばすぐによくなるというものでもありません。ある程度続けて飲むことが大切です。漢方薬のように、時間をかけて体質改善をするつもりで取り組みましょう。

そのためにも、自分に合う酵素ドリンクを見つけてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る