スキンケアの基本!クレンジング剤の種類と正しいクレンジング手順

25_1

ニキビ対策に限らず、クレンジングはスキンケアの基本。

肌のためにはファンデーションをつけた方がよいとはいえ、つけっぱなしもまた負担となります。

できれば帰宅したらすぐにクレンジングとスキンケアを行い、肌を休ませてあげるようにしましょう。

クレンジング料にもまたさまざまな種類がありますが、こちらもやはり肌質に合わせて選ぶことをお勧めします。

というのも、クレンジング料は形状によってメイクを落とす力に違いがあるだけでなく、肌への影響も差があるからです。

 

クレンジング料でなぜメイクが落ちる?

ファンデーションを始めメイク用品のほとんどは油性の成分を含んでいます。

だからこそ汗や皮脂でも崩れにくいのですが、逆を言えば水洗いだけでは落とせないということ。洗顔料だけでも不充分でしょう。

クレンジング剤にはこの油性のメイクを浮き上がらせ、洗い流したり拭き取ってオフできるようにするという役割があります。

そのために配合されているのが界面活性剤。食器用洗剤や洗濯用洗剤でもおなじみですね。油分と水をなじませる橋渡しのような働きをする界面活性剤は、クレンジング剤には不可欠なのです。

ただし、以前より改良が進んでいるとはいえ、たくさん使えばそれだけ肌への負担は大きくなることに変わりはありません。

自分の肌に合ったものを正しく使う、これはすべてのスキンケアにおいて言えることです。

 

クレンジング剤の種類

一般的なクレンジング剤は以下の5種類に大別されます。

  • ミルクタイプ:乳液のような質感で、肌への刺激は最も少ないとされていますが、その分メイクを落とす効果も低め。ファンデーションは薄め、アイシャドウやチークなどのポイントメイクもあまりしない人なら充分でしょう。また、乾燥肌や敏感肌にも向いています。
  • クリームタイプ:手に乗せても形を保つようなしっかりしたテクスチュアで扱いやすく、適度な油分を含むためメイクオフもスムーズにできます。マスカラやリキッドアイライナーなどの油性のアイメイクは先に専用のリムーバーで落としておくとよいでしょう。
  • ジェルタイプ:「メイクがクレンジング剤になじむと指先がスッと軽くなる」という特徴で、発売当初は大きな話題となったタイプです。その分界面活性剤を多く含んでいるので、手早くなじませるようにしましょう。乳化タイプ(クリームのような乳白色のもの)であれば透明なものより肌への負担が少ないとされています。
  • オイルタイプ:メイクをなじませる力は1。油分で油分を落とすという考え方に基づいています。乾燥肌や敏感肌は避けた方がよいでしょう。メイクが浮き上がってきたらごく少量の水で乳化させるのが短時間でスッキリ洗い流すコツです。
  • シートタイプ:不織布のシートにクレンジング剤をしみ込ませたもの。携帯しやすいので外出先でメイクを落としたり直したい時に便利です。ただし、「なじませて浮き上がらせる」というプロセスを省いて界面活性剤だけの力で落とすので、肌への刺激は最も大きく、摩擦によって角質層が傷つく恐れもあります。日常的に使うのはお勧めしません。

 

正しいクレンジングの手順

最近は入浴時にメイクを落とす人が多いためか、「濡れた手でも使える」タイプが増えていますが、そうでなければ乾いた清潔な手で行いましょう。

クレンジング剤は説明書を確認し、適量を使うこと。量が少なすぎるとメイク汚れが残ったり摩擦で肌にダメージを与えてしまいがちです。また、たくさん使えばそれだけキレイになるというものでもないので、使用量は必ず守るようにしましょう。

皮脂分泌の活発なTゾーンにクレンジング剤の半量を乗せて、指先で優しく細かい円を描くようにメイクとなじませていきます。この時、クリームや乳液のようにあらかじめクレンジング剤を5点置き(額・鼻先・両頬・顎の5カ所につけて伸ばす方法)する必要はありません。

次に頬と顎のUゾーンに残りの半量をつけ、伸ばしてなじませます。力を入れすぎないように優しく行ってください。

小鼻や口元、目元など細かい部分は最後に手に残った分で充分でしょう。

洗い流す時は人肌程度のぬるま湯で。洗顔の際にも言えることですが、肌をゴシゴシこすらないように!

また、クレンジングは念入りにした方がよいと思うかもしれませんが、それは間違い。「肌に優しい」と謳っていても、界面活性剤を肌につけるのですから、できるだけ手早く済ませるのがベスト。これだけのプロセスにかける時間は約1分を目安にしてください。

肝心なのは「クレンジング剤をメイクになじませる」ことなのです。

クレンジング後、ベタつきが気になる場合は続けて洗顔しましょう。

しかし、最近では洗顔がいらないクレンジング剤も増えているので、「クレンジングと洗顔はどちらも行うべき」という固定観念にとらわれず、自分の肌の状態(乾燥や脂っぽさなど)から判断するようにしてくださいね。

 

クレンジングを怠るとどうなる?

仕事や遊びで帰りが遅くなった日は、一秒でも早くベッドに潜り込みたいもの。

入浴はシャワーで済ませて、メイク落としやスキンケアも面倒くさいから明日の朝でいいや…とそのまま寝てしまった経験はありませんか?

気持ちはわかりますが、これはニキビケアのみならず、美容の面からすると最大のNGとされています。

「メイクをしたまま寝る」と、何とたった一晩で肌は3~5歳も年を取る、と言われているのです。

その理由は、皮脂汚れが毛穴に詰まって酸化し、肌の新陳代謝を妨げたり、常在菌の繁殖を促したりするから。一日の疲れが蓄積されたままとなってくすみやむくみの原因にもなりかねません。

メイクを落とさずに寝た翌朝、ニキビや肌荒れができていた…なんてことも充分あり得るのです。

そんな時はまずクレンジングと洗顔を普段より丁寧に行いましょう。保湿も念入りにしてください。

コットンパックをしたり、軽いマッサージや蒸しタオルで血行を促進するのもお勧めです。

できればその日はメイクを控えめにして、夜も早めに就寝するとよいでしょう。

これらの方法はあくまで「やってしまった」時の応急処置。

どうしてもという場合はシートタイプのクレンジング剤で拭き取るだけでもよいので、メイクは必ず落とすようにしてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る