正しい洗顔でニキビ予防!洗顔料はどんなものがいいの?

32_1

ニキビ予防・改善には「とにかく洗顔」が推奨されますが、洗いすぎや間違った方法はかえって悪化を招きます。

また、必要な皮脂まで洗い流してしまうと肌を保護するための皮脂膜が作れなくなったり、皮脂分泌が余計に活発になってしまうなど、さまざまなトラブルのもとにもなりかねません。

正しく行えば洗顔料を使うのは一日一回で充分。特に乾燥気味の人は控えめにすることをお勧めします。

 

正しい洗顔でニキビ予防!

洗顔のポイントは、以下の3点です。

  1. ぬるま湯を使う
  2. 洗顔料をしっかり泡立てる
  3. すすぎはしつこいくらい念入りにする

簡単なようですが、実際に毎日きちんとできているという人は意外に少ないもの。

自分の洗顔方法と照らし合わせてみてくださいね。

 

正しい洗顔の手順とは

まず、石けんやハンドソープを使って手を丁寧に洗いましょう。肝心の手が汚れていると、洗顔料の泡立ちも悪くなりますし、肌荒れに繋がる恐れもあります。

顔全体を人肌程度のぬるま湯で軽く洗っておきます。

それから洗顔料を適量手に取って泡立てましょう。手に湿り気がないとうまく泡立たないので、適宜水分を足すようにしてください。

目安は手の平一杯、さかさにしても落ちないくらい硬めでしっかりした泡が理想です。

専用の泡立てネットを使うと時間短縮にもなるので便利です。

 

洗い始めるのは皮脂分泌の活発なTゾーンから。

指先を細かく円を描くように動かしていきます。小鼻や鼻の頭など皮脂の溜まりやすい部分はより丁寧に行いましょう。

それから頬や顎のUゾーン、最後に目元や口元といった皮膚の薄いところに泡をなじませます。

注意点としては力を入れすぎないこと。洗顔料は汚れを絞り出すためのものではありません。

界面活性剤という言葉をご存知でしょうか?本来水とは混じり合わない油分を洗い流せるように仲介する働きがあるのですが、洗い流すタイプのクレンジングや洗顔料にも必ずと言っていいほど含まれています。

つまり、「泡で洗う」のではなく、「汚れを浮き上がらせる」のが洗顔料の目的。

手指と顔の間に常に泡があるように、優しく行うのがコツなのです。

 

所要時間は大体顔全体で1分~1分30秒くらい。

いくらキレイに洗うのがよいといっても、あまり長い時間洗顔料を肌に乗せておくのは負担が大きくなります。

まずぬるま湯で洗い流し、泡が切れたら今度は冷水に切り替えましょう。最低でも10回以上はすすぐこと。

目の周りや額、こめかみの髪の生え際、フェイスラインなどは洗い残しやすい箇所です。洗顔料の成分が毛穴に残ってしまうと、肌荒れやかゆみを引き起こす可能性もあります。

「タオルで拭き取ればいいや」とおざなりにせず、きちんと洗い流すようにしましょう。

水気は清潔な乾いたタオルで抑えるように拭き取ります。水分を含んだ角質層は柔らかくなっていますので、ゴシゴシ拭くのは厳禁。

洗い上がりは石けんで体を洗った時のようにさっぱりしているのがベストです。

洗顔後は化粧水・乳液でしっかり水分の補給と肌の保護をしてください。

 

洗顔料はどんなものがいいの?

クレンジングと洗顔はスキンケアの基本と言われるようになって以来、その種類は飛躍的に増加しました。

肌のタイプに合わせてテクスチュアや形態もさまざまです。

洗顔料の場合、洗顔フォームと呼ばれるチューブに入ったクリーム状のものが一般的でしょう。濡れた手でも扱いやすく、洗面所や浴室に置いておけるので便利です。

最近注目されているのがムースのように泡状で出てくるタイプのもの。自分で泡立てる必要がなく、最初から洗顔に適した状態になっているため忙しい朝や不器用な人でも手軽に使えます。発泡剤などが配合されていることもあるので、肌が弱い人は選ぶ際に注意しましょう。

また、天然のモンモリロナイト、ガスール、カオリンなどを使用したクレイ(泥)タイプなら泡立てたりこすったりしなくてもOKです。クレイには汚れを吸着する働きがあるので、皮脂を取りすぎることなく洗い上げることができます。乾燥肌や肌の弱い人は試してみてはいかがでしょうか。

皮脂分泌の活発な10代や脂性肌であれば実は体を洗うための固形石けんで洗顔しても大丈夫です(あくまで洗いすぎないことが前提ですが)。「これ一個で全身洗える」といううたい文句の石けんもいろいろ発売されていますよね。使う際はしっかり泡立てて洗い、充分にすすぐという基本を守るようにしてください。

 

洗顔は一日1回?それとも2回?

ベタつきやテカリが気になるからといって一日に何度も洗顔するのはNGです。

もっとも、20代以上の女性であれば昼間はしっかりメイクをしていることがほとんどですよね。

帰宅後、あるいは入浴時にメイクを落とし、洗顔するというパターンが多いのではないでしょうか。

一日の汚れをしっかり落とすのはニキビ対策だけでなく肌の健康にもよいこと。美肌づくりの基本中の基本です。

できれば家に帰ったらすぐに洗顔とスキンケアをするとよいですね。

しかし、朝はどうかというとこれが賛否両論。

眠っていても皮脂や汗、ホコリなどで汚れるからしっかり洗顔するのがよいという説がある一方、洗いすぎると乾燥のもとになるのでぬるま湯だけで済ませるべきという意見も聞かれます。

どちらがいいのか混乱してしまいそうですよね。

 

結論から言ってしまうと、「肌の状態に合わせる」のがベスト。

乾燥肌の人や、普通肌でも今朝はちょっと乾燥しているなと感じられたらぬるま湯洗顔にするか、Tゾーンなど気になる部分だけに洗顔料を使うようにしてみてください。

もちろんベタつきやテカリが気になるのであればしっかり洗顔して構いません。

大切なのは「こうしなくてはいけない」という固定観念にとらわれないこと、そして

その後の保湿をしっかりすることです。

以前はクレンジングと洗顔は「W洗顔」と呼ばれ、ワンセットで扱われていましたが、最近では肌への負担を考えて「後の洗顔がいらない」という謳い文句のクレンジング剤も増えてきました。

例えば夜はクレンジングとぬるま湯洗顔、朝は洗顔料を使う…自分の肌に合わせて、こんなカスタマイズもできるようになっています。

洗いすぎや逆に洗顔不足に注意して、自分の肌質や好みの使用感、使いやすさなどさまざまなポイントから選んでみてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る