ビタミンを味方につけてニキビを予防・解消しよう!

54_1

ニキビを予防・改善するためには食生活の見直しが欠かせません。

別項で紹介したとおり、さまざまな栄養素をバランスよく摂取するのがその秘訣ですが、特に注目したいのが各種ビタミン。

ビタミンは美容や健康に縁が深く、その働きについてぜひ知っておきたいもの。

効率的な摂取法や注意点もおさらいしておきましょう。

 

ビタミンとは?

 

ビタミンとは炭水化物やタンパク質、脂質を除く有機化合物の総称です。

人間の体を構成したりエネルギー源となるものではありませんが、その機能が正しく働いたり健康を維持するためにさまざまな役目を果たしています。

通常よほどの偏食や欠食状態でもなければ不足するようなことはありません。しかし、体内で生成できないので食物からの摂取が必要です。

 

現在人間のビタミンとしては13種類が認められており、水溶性・脂溶性に大別されますが、ここではお肌に関係の深いものだけを説明していきます。

 

脂溶性ビタミン

水洗いや加熱調理による流失が少なく、油と一緒に摂取することで吸収率が高まる。

 

ビタミンA

レチノールやレチナールなど。緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変化する前駆体と呼ばれるもの。

毛穴詰まりを解消したり、肌のターンオーバーを促進する作用がある。欠乏すると肌の乾燥やかゆみ、色素沈着、角質化を引き起こしやすくなる。

ホウレンソウや小松菜、カボチャ、ニンジン、ピーマンなどに豊富。バターや油で炒める調理法がお勧め。

また、ウナギやレバーにも含まれている。

 

ビタミンE

物質名はトコフェール。中でもαトコフェールが最もビタミンE作用があるので、日本では同一に扱われている。

「体のサビ」と呼ばれる酸化を防ぐ働きがあり、アンチエイジングや生活習慣病の予防にも効果的とされる。

アーモンドや大豆などのナッツ類、青魚、ウナギや緑黄色野菜に多く、ビタミンA

やCと一緒に摂ると相乗効果が期待できる。

 

水溶性ビタミン

脂溶性とは逆に水に溶けだしやすく、加熱にも弱い。食材は生で摂取するか、蒸したり炒める方が向いている。

 

ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B6など8種類があり、ビタミンB複合体とも呼ばれる。お互いをサポートし合う関係にあるため、どれか一つだけを大量摂取してもビタミンB群と同様の効果は得られないとされている。

 

ビタミンB1

物質名はチアミン。糖質をエネルギーに換える働きがあり、疲労回復にも不可欠だが、日本人は慢性的に不足していると言われている。玄米や豚肉に多く含まれている。

 

ビタミンB2

脂質や糖質、タンパク質からのエネルギー生成に深く関わっている一方、過剰な皮脂分泌を抑制してお肌の健康を維持する働きもある。

不足すると口内炎や口角炎ができやすくなったり、肌荒れの原因にも。

乳製品や卵、レバー、ウナギ、大豆製品に豊富。

 

ビタミンB6

新陳代謝を促進し、新しい肌細胞を作る手助けをしてくれる。ビタミンB2 と合わせて摂取するとよい。

肉や魚、ナッツ類、大豆・大豆製品などから摂れる。

 

ビタミンC

言わずとしれた、ビタミンの代名詞的存在。物質名はアスコルビン酸。体内で生成できないので食事から摂取する必要がある。

コラーゲンの生成を促進し、抗酸化作用やメラニンを抑制することから美容ビタミンとも言われる。

野菜や果物に多いが加熱で失われやすいので生食が望ましい。

過剰に摂取しても尿と一緒に排出されてしまうので、「たくさん摂ればよい」というわけではないことを知っておこう。

また、ビタミンEを再生する働きもある。

 

サプリメントでビタミンを摂取?

ビタミンは一般的な食生活をしていればまず体に影響があるほど欠乏するようなことはありません。

しかし、もし「自分の食事はバランスが取れていないのでは…」と心配であれば、「マルチビタミン」のサプリメントを活用してみましょう。

摂取しにくいビオチンや葉酸を含む12種類のビタミンが配合されており、サプリメント初心者が最初に手にするのにお勧めです。

ビタミンには前述のように相乗効果があり、単独よりも複数の種類を併せて摂った方が効果や吸収率が高まるとされているからです。

もちろんサプリメントは「栄養補助食品」ですから、食事の代わりになるものではありませんが、外食が続く時などにはよいでしょう。

 

ビタミンの摂りすぎでニキビができやすくなる!?

ビタミンはたくさん摂ればその分効果がアップするというわけではありませんが、「だからって体に悪いこともないよね」というイメージがありませんか?

確かに水溶性のビタミンは尿として排出されるという説が一般的です。

ところが、近年の研究である種のビタミンは摂りすぎると肌荒れを起こす可能性がある」ということがわかってきました。

血液を造ったり神経を正常に機能させるために不可欠なビタミン12は、睡眠のリズムを整えたり肌の細胞分裂を活性化など、肌の健康にも大切な存在で肉類や魚介類の動物性食品や海藻類に多く含まれています。

 

しかし、アメリカの大学の研究チームによって、これらの食べすぎがビタミンB12が皮膚の常在菌でありニキビができる原因となるアクネ菌の活動に影響を及ぼすことが立証されました。

アクネ菌は誰の肌にでもあり、適度な量は肌を保護するためむしろ必要なのですが、ビタミンB12はそのうちの特定のものに働きかけてポルフィリンという炎症化合物を生成するのだとか。

 

日本人にとっては身近な食材であるシジミやアサリなどの貝類、海苔類は「体にいい」とされているだけにショッキングな内容ですよね。レバー類もビタミンAやB2が含まれているのに…と混乱してしまいそうです。

具体的にどれだけの量を食べると肌によくない、など詳細ははっきりしていませんが、ビタミンB12に限らず過剰摂取には注意するべきでしょう。

また、こうした説が表れたからと言って「ビタミンB12はよくない」と早合点しないこと。

不足すると貧血や記憶障害、食欲不振などの症状を招きます

栄養素はすべて人間の体に必要なものばかり。過剰も不足もなく、適切な量を摂取することが肝心なのです。

女性はつい美容の面からも「ビタミンを摂らなきゃ」と思い込みがちですが、「特定のものばかり摂らない」「摂りすぎもよくない」という点に気をつけてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る