ニキビ痕をカバーするメイク法・コンシーラーの活用など

70_1

ニキビができてしまった時でも女性はノーメイクで出かけるというわけにはいかないのが辛いところ。

その一方で、ニキビやニキビ痕を隠そうとして厚塗りになったりかえって目立ってしまうこともありますよね。

実はニキビができている時のメイクにはいくつかのポイントがあることをご存知でしょうか。

例えば、ニキビにファンデーションは禁物というイメージですよね。しかし、状態によってはつけた方がよいこともありますし、ファンデーションのタイプを変えればOKという場合も…。

また、口コミで広がっているニキビ肌メイク法もいろいろあります。

ここではすぐにできるカバー法や正しいファンデーション類のつけ方について説明します。

 

できてしまったニキビをカバーしたい!

今現在できてしまっているニキビは、できるだけ触らないようにしたいもの。

クリームタイプやエマルジョンタイプなど、油分多めのファンデーションは毛穴を塞いでしまうので、普段使っていても一旦お休みしましょう。

また、ニキビを隠そうとしてカバー力の強いファンデーションをつけると、それを落とすためのクレンジングもしっかりしなくてはならないので、肌への負担が大きくなるということを知っておいてください。

お勧めはパウダリーやミネラルファンデーションを軽く乗せる方法です。

パフやスポンジよりブラシを使うと肌に必要以上の負担をかけず、自然にカバーすることができます。

特にミネラルファンデーションは油分をまったく含まない、天然の鉱物由来成分でできているため、近年ニキビ肌や脂性肌、逆に敏感肌にもよいと人気が高まっています。

パウダリーファンデーションも、スポンジでこすらないようにすればニキビができていても充分使用可能。最近は美容液成分が配合されるなど、美肌効果も期待できます。

そして、メイクの前にニキビの状態も確認してください。

炎症や化膿のある赤ニキビや黄色ニキビになっていたら、まず皮膚科で治療を受けること。

そのままにしていては、いくら肌に負担をかけないファンデーションを使っても悪化の恐れがあります。

 

ニキビ痕をカバーするメイク法!

ニキビそのものが治っても、しばらくは赤みや色素沈着が残ってしまいますよね。

また、毛穴が広がってしまったりクレーター状になってしまった痕も気になります。

こんな時はついファンデーションを厚塗りして隠したくなってしまいますが、肌への負担やメイク崩れなどを考えると得策ではありません。

それよりも、

  • 化粧下地を工夫する
  • パウダーを変えてみる
  • コンシーラーを活用する

といった方法を試してみてください。

化粧下地は肌とファンデーションの密着度を高めてなじませる、「のり」の役目をしてくれます。

そのため肌によくないという印象があるのか、ファンデーション直塗りという荒技に出る人もいるようですが、これは大きな間違い。

メイクの仕上がりやもちに影響するだけでなく、かえって肌にダメージを与える結果になりかねないのです。

化粧下地には色ムラを抑えて肌色を整え、毛穴など肌の凸凹をフラットにするという役割もあります。

つまりこの工程を省いてしまうと、ファンデーションが毛穴に入りこんでふさがりやすくなったり、気になる部分のカバーが不充分になってしまうということなのです。

肌質や肌の状態に応じて、適切な化粧下地を選ぶことはニキビメイクの基本中の基本。

赤いニキビ痕や全体的な赤みが気になる時はグリーン、茶色っぽいものはイエローなど色つきの化粧下地(コントロールカラー)もお勧めです。

さらに最近はニキビの大敵である紫外線カット効果のあるものがほとんどなので、正しい化粧下地をつければファンデーションを省くこともできるのです。

 

コンシーラーの活用

しっかりカバーしたいニキビ痕にはコンシーラーを使うとよいでしょう。

スティックタイプやリキッドタイプなど、さまざまな形状のものが出ています。

大別すると、ニキビやニキビ痕を隠したい時はスティックタイプ、広範囲にカバーするならリキッドが使いやすいでしょう。

 

スティックタイプの利用法

スティックタイプはそのままや指で肌につけたりせず、専用のブラシを使ってください。

その際にも、こすらないよう気をつけましょう。

盛り上がっているニキビには、その周辺にもつけると目立ちにくくなるようです。

そして中心には触らず、周りをブラシでなじませて境界をぼかすことが自然に仕上げるコツです。

 

リキッドタイプの利用法

リキッドタイプならこうしたテクニックも不要ですが、筆で直接塗るのでニキビが腫れている時には避けた方がよいでしょう。

順番としては「化粧下地→コンシーラー→ファンデーション」となります。

パウダーはリキッドやクリームファンデーションの仕上げに使うのが一般的ですが、パールやラメの入ったものであればニキビ痕のカバーに効果的です。

光が拡散することで顔色が明るく見え、へこんだところを目立ちにくくしてくれるのでシワや目元の窪みにもよいでしょう。

ブラシやパフで多めにつけ、余分は払い落すとキレイに仕上がります。

パウダーにはフェイスパウダー・ルースパウダー・プレストパウダーなどの種類がありますが、形状はお好みでOKです。顔色のトーンアップやマット仕上げなど、ニキビ痕カバーだけでなく「こうなりたい」希望に応じて使い分けてもいいですね。

 

ニキビに集中しすぎないカバー法

ニキビやニキビ痕を直接メイクでカバーする以外にも、他へ目をそらさせるという方法があります。

例えば額や頬など顔の上部にニキビやニキビ痕が集中している場合、通常のメイクを薄めにして、リップをはっきりした色にしてみましょう。

すると見る人の視線は口元に集中しますので、ニキビやニキビ痕に目が行きづらくなるのです。

顎なら目元メイクを強めにしたり、顔全体の赤みやニキビが気になるのであればカバーに加えて髪型やアクセサリーにポイントを置くことでニキビに注目されにくくなるでしょう。

「どんなふうにしようか?」と楽しみながら取り組めるニキビカバー法と言えるかもしれませんね。

 

まとめ

いろいろなカバーメイク法をご紹介しましたが、どれも極端に難しいテクニックは必要ないことがおわかりいただけたのではないでしょうか?

もしコンシーラーや化粧下地の選び方に自信がなければ、化粧品売り場などで相談してみましょう。その際に上手な使い方を教えてもらうのもいいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る